当たり前だけど,ウソはついてはいけません

キャッシングを始める前に、心してほしいことが2つあります。ひとつは、これから利用するキャッシング会社について十分に検討すること。もうひとつは、いざ申込みをするときに決してウソをつかないこと。真摯な態度で、分相応なキャッシング利用をしましょう。

 

キャッシングを始める手続きの中に、必ず審査があります。キャッシング会社や商品によって審査時間は異なりますが、審査を経験した利用者の声は〈審査の結果を待っている間、なんだか気が気でなかった…〉と共通しています。

 

そのキャッシングの審査では、一体何を見られているのでしょうか?これを知れば、審査を待っている間、少しは落ちつけるかもしれません。キャッシングの審査で見られていることは、簡潔に言うと、「申請した内容にウソがないかどうか」です。

 

審査に落ちる人には、2つの特徴があります。第一に、クレジットカードやキャッシングの返済を滞納した過去がある。第二に、申請した内容にウソがある。キャッシング会社は、各利用者のクレジットカードの利用状況やキャッシングの利用態度などのデータを業界で共有していて、いつでもすぐに把握できるようになっています。仮にウソの申告をすれば、一発でバレるのです。

 

逆を言えば、過去のクレジットカードやキャッシング利用の態度がクリーンで、且つ申請した内容にウソがなければ、審査にパスするということです。申請内容の話で言えば、希望する借入額について迷う人がいるようです。〈希望する借入額が大きすぎると心象が悪いのでは…〉と思うようです。このように考えるのも理解できますが、ここでも正直な額を申告することをお勧めします。正直な申告は、キャッシング会社側に対して〈お金に関しての自己管理がしっかりしている人…〉という好印象を与えるからです。

 

審査可能かすぐに判断したいなら!
アコム 最短即日
プロミス 最短即日
モビット 最短即日

 

利用するキャッシング会社をよく検討する

キャッシング会社を選ぶときのポイントは、@金利がどのくらいか?A借入限度額はいくらか?B収入証明書の提出は必要か?の3点です。世の中にキャッシング会社は多く存在し、取扱われている商品もまた多くあります。キャッシング会社選びに迷ったら、まずは先の3点についてチェックしてみましょう。希望する条件に合っていて、且つ自分の身の丈に合ったキャッシング会社を選ぶことは、審査にパスするポイントにもなります。

 

最近の傾向として、「ネットだけで即日融資OK」とか「電話審査がありません」というキャッシング会社が出てきました。他にも、月々の返済や借入れに関する選択肢を多く用意しているキャッシング会社もあるようです。3つのポイントに加え、これらの情報をチェックするのも有効だと思います。

 

最後にひとつだけ、利用限度額についての裏技のような話を…。まず、最初の申込みのときに、希望より少額の利用限度額を申請する。しばらくの間、少額の状態でキャッシング利用をして信頼を積む。その後、利用限度額の引上げ申請をする…という方法です。確実に審査にパスして、高確率で希望する利用限度額でキャッシングができます。この方法を使いたいならば、提携銀行があるような大手のキャッシング会社を利用すると高打率かと思います。

 

  • 申込みのとき、決してウソはつかないこと
  • 過去のキャッシング利用がクリーンならば、審査にはパスします
  • 利用限度額は少額利用→引上げ申請で、希望額をGET

 

まとめ

繰り返しになりますが、申込時にウソをつくことは絶対にやってはいけません。過去の利用態度がクリーンならば、問題なく審査にパスし、キャッシングが始められます。利用限度額は、キャッシングを始めてから引上げることも可能なので、是非ご検討ください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


43.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日