キャッシングってどんな人が借入できるの?

借入の希望者に『返済能力があるかどうか』がキャッシングを利用する際に審査の大前提になります。当たり前のことですが、返済をすることができない、と判断された人には、キャッシング会社は融資をしません。『借りたものを返す』ということはキャッシングの基本原則ですから、守れないと判断された人にははじめから貸し出しをすることはありません。

 

パートやアルバイトをしている場合は、たとえ主婦や学生であっても収入あるとみなされ、融資を受ける最低条件を満たしているという判断をしてもらえます。返済に使用できる定期的な収入さえあれば、キャッシングで融資を受けるチャンスがあるのです。

 

専業主婦では借り入れができないのではないかと思われる方も多いでしょう。専業主婦の場合は、大手のキャッシング会社でもサービスを提供しているところは少ないです。『主婦でも申し込みできます』と言っている会社でも、専業主婦の場合ではサービスが整っているかどうかわかりにくくなっています。

 

主婦でも利用できるカードローン!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

専業主婦も利用できるの?

キャッシング会社の資本となるモノの違いで、審査の基準などには違いがあります。キャッシング会社は『消費者金融系』『銀行系』『銀行』と大きく三つに分類できますが、消費者金融系の会社はキャッシングなどのサービス以外には事業していないところが多いので、収入がない人に貸出をするということは基本としてありません。

 

銀行系のキャッシング会社の場合は、銀行と事業を提携していたり、銀行自体がキャッシングサービスの提供元であるところが多いので、専業主婦にも条件などによっては貸出をしてくれる場合もあります。銀行の場合は、カードローンに適応される総量規制(お金を借入れできる合計額の規制)も発生しないので、会社自体が審査を行います。利用限度額は消費者金融や企業系よりも少なくなりますが、少しの出費に借り入れで対応したいという時などには十分足りる額を融資してもらえます。

 

保証人を立てたりする必要もありませんので、家族に知られずにキャッシングしたい人や、自分だけでお金をなんとか準備したいと思っている人、周囲の人には内緒にしたいと思っている方も利用できるでしょう。

 

  • 一番大切なのは返済能力があるかどうか
  • 専業主婦の場合は返済できないと判断される
  • 専業主婦の借入は銀行カードローンを利用!
  •  

    まとめ

    残念ながら、善行主婦の場合は基本的に銀行カードローン以外での借入はできないでしょう。しかし、ひとつだけ方法があります。それは、旦那さんから同意をもらって、旦那さんの収入証明書を提出するという方法です。旦那さんから同意をもらうのは難しいかもしれませんが、ピンチの時だからこそご夫婦で協力し合って対応していきましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


43.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日