提携金融機関に口座があれば即日振込みも可能

昼間にお金を借りたくなったら、まだいろいろと方法があるので良いのですが、問題は夜になってから急に、明日結婚式に行かなければならないと気づいた時のような場合です。口座にお金が無い、しかし欠席はできない。そういうとき、自動契約機を使った借り入れ、という方法もあります。夜の9時、会社によっては10時までやっていて、しかもその日にカードが発行されて借り入れができてしまうのです。

 

ただ、もちろん大切なお金を貸し出す手続きですから、会社の審査に30分から1時間くらいかかると考えて間違いありません。しょうがないことですが、面倒な時間でもあります。そういう場合、web申し込みができるなら、事前にそちらで申し込みをしてメールで審査結果を受け、それで審査が通っていれば自動契約機に行く、という方法もあります。そうすると自動契約機で無駄な時間を過ごさずカードを受け取れます。

 

自動契約機を利用して即日サービス

しかし自動契約機とはいえ、その向こうにはオペレーターがいて審査を行うわけですから、せいぜい午後10時くらいまでしか審査を行っていません。夜中に気づいたらどうしようもないのです。と諦める必要はありません。実はまだ方法があります。24時間営業の会社があるのです。どういうことかというと、契約機ではなく、その口座に振り込んでもらうのです。キャッシング会社によっては金融機関と提携しているところもあり、メンテ中、などでなければ24時間素早く振り込みを受けることができます。

 

ただ、利用したければすでにこの融資会社が提携している金融機関の、口座を持っていなければなりません。なければ手遅れです。なので午後10時以降になったら諦めるか、今度口座を作る場合は、提携している金融機関を選ぶようにしたほうがいいでしょう。もちろん、翌日の営業開始してから間に合うのなら、それから自動契約機を利用できます。その場合もwebで審査時間の短縮ができるので、ギリギリだったとしても、web申し込みをし、自動契約機に駆け込み、キャッシング、という手が使えます。

 

じゃあweb審査が最高なのか、というとそうでもありません。web審査はあくまで無駄な時間を減らしたい方法です。なにがなんでも借りたい場合、自動契約機で審査をお願いしたほうがいいでしょう。自動契約機はずっとその場で審査を待つわけで、審査をする側も、無駄に待たせては悪いので、優先的に審査をしてくれる場合が多いからです。必死な場合、営業時間外ならwebで、営業時間内なら即自動契約機へ、と覚えると良いでしょう。

 

ヤミ金には要注意

ここまで読んで、でも、深夜であっても、提携金融機関など関係なく、いつでも即座に融資をしますよ、という会社があった、という人もいるかもしれません。しかし深夜に現金融資をする、というのは一般的な会社ではないことはわかるでしょう。つまりヤミ金の疑いがあります。違法な金利で貸出をしている人たちのことです。

 

ヤミ金なら、お金を借りることは可能でしょう。ただし高額な金利は覚悟しなければなりません。10日で10%といった金利もありますが、さらに20%、30%といった金利までありえます。法律に反していますが、つまりそういう会社なのです。しかも金利が複利だったりすると、信じられないスピードで借入金が膨れ上がります。ですから、絶対にすぐに返せる見込みがないのならヤミ金を利用しないほうが良いのですが、絶対にすぐ返せるなら知人、友人に借りたほうがよいでしょう。ヤミ金には手を出さないことです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


43.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日