在籍確認の電話で分かってしまう可能性があります

キャッシングを利用していることを会社の同僚や友人には知られたくない人も多いと思います。これには契約時の審査で行われる在籍確認がポイントになります。この在籍確認とはキャッシングを申し込んだ人が本当にその会社や職場に在籍しているのかを確認する作業です。申し込んだキャッシング業者の人が申込書に記載された会社や職場に電話を掛けて確認を行います。

 

もちろん相手もキャッシング業者の名前で電話をしてくるようなことはありません。通常は個人名で友人を装って掛けてきます。ですが、それでも同僚にこれがその手の業者からの在籍確認だと分かってしまう場合があります。その原因として考えられるのは、まず電話を受けた人が過去にキャッシングを利用したことがあった場合です。審査時に同様の経験がありますので、これは在籍確認の電話ではと勘ぐられてしまう可能性があります。

 

そして次に自分に電話が繋がった時、友人から掛かってきたはずの電話に住所や生年月日を答えているのを聞かれてしまった場合です。これはキャッシング経験者がその内容をこっそり聞いた場合、まず分かってしまうと思います。また、誰もその電話に出られなかったとします。この場合に着信記録に残ったその番号に会社の人間がコールバックした時、キャッシング業者の名前を名乗られてしまう可能性があります。

 

キャッシング利用がバレてしまう可能性

最近では業者側も気を遣っていますので、基本的には発信番号は通知せずに掛けてきますが、中には非通知の着信を拒否している会社もあります。その場合、仕方なく通知をして掛けてきますので、このコールバックで分かってしまう可能性があります。

 

大手のキャッシング業者ではこの在籍確認の電話に対してコールバックされた時には違う企業名を名乗るよう専用の電話を使っていることもありますが、これも絶対ではありません。ですがキャッシング業者も申し込んでくれた人を困らせる為にこんな電話をしてくる訳ではありませんので、色々な配慮をしてくれます。

 

例えば申し込んだ人から、在籍確認の際にはその前に携帯電話に電話を入れて欲しい、と伝えておいたことで会社に掛かってきた電話を本人がとることができた例があります。また周りの同僚に、今日クレジットカード会社から在籍確認の電話があるかも知れないと先に伝えておいた例もあります。クレジットカードは誰でも普通に利用しますので、特に怪しまれずに電話を受けることができ、住所や生年月日を話していても何も問題がなかったという訳です。

 

その他に、女性からの個人名の電話はあらぬ疑いを受けることもあります。下手をすると不倫をしているのかと思われてしまうかも知れません。これではキャッシングを利用していることが分かってしまうより世間体が悪くなってしまいます。このような疑いをもたれない為に、その心配がある人は在籍確認の電話は必ず男性が掛けて欲しい、と伝えておくことも大切です。それでもどうしてもこの在籍確認の電話が難関だと思われる人もいると思います。その場合は申し込みの際に、身分証明書と一緒に会社の発行した源泉徴収票や給料明細、更に勤めている会社の社員証など、その会社に在籍していることを証明できる書類をできるだけ多く用意しましょう。社会保険の保険証があれば、それも一緒に提出します。

 

これをもって在籍確認としてくれる業者もあります。特にそれほどの融資額ではない場合、大手の業者ではこの方法で在籍確認とする会社も多いです。在籍確認の電話で周りに気付かれてしまう可能性がある人は、この方法を利用してみてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


43.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日