キャッシング関連の郵便物を避ける

お金がなくてキャッシングを利用したいけど家族にはバレずにこっそり利用したいという人は少なくありません。実はキャッシングサービスはいくつかのポイントに注意しておけば家族にバレずに利用できます。家族にバレずにキャッシング利用するためのポイントを紹介します。

 

郵便物の取り扱い

キャッシングの申し込みを行うと基本的には、郵送で契約書などが自宅まで届きます。この郵便物を家族が受け取ってバレてしまうというケースが非常に多いようです。これを避けるためにはWEB完結のキャッシングを利用したりと申し込みを工夫する必要があります。現在はスマートフォン1つで本人確認などまで全て行えます。ちろんパソコンでも同様に申し込みができます。契約書が自宅に届かないようにするためにはインターネット経由の申し込みが一番確実と言えます。

 

ローンカードの取り扱い

契約書が届かなくて安心かと思いきやカードローンを利用の場合ローンカードが届く事になります。このカードによってATMの操作などを行いますので必要なものなのですが、これも郵送での受け取りだとバレる恐れがあります。これを避けるためには自動契約機を利用します。自動契約機は全国各地に多数設置されていて、契約完了後にその場でカードを受け取ります。
つまり郵送受け取り時のトラブルを回避できるわけです。

 

自動契約機が近くになく利用できないような場合は局留めを利用しましょう。最寄りの郵便局へ自分で受け取りにいく方法です。どちらにせよ郵便局へ行く手間はかかりますから自動契約機があればそちらの方が良いでしょう。また、当然ですがその後カード自体を発見されてしまう可能性もありますから隠しておきましょう。

 

借入の方法

カードローンはいくつか借入の方法があります。例えば口座への振込を行った場合は利用の明細でバレるおそれがあります。もちろん機能としては便利なのですが、家族にバレたくない場合は避けると良いでしょう。一番バレにくいのはATMを利用した借入方法です。ATMは一般的に誰でも利用しますし、明細はその場で発行されます。家族に見つかるまえに適切な処理をしてしまいましょう。

 

ちなみにキャッシング時の明細発行は業者に課せられた義務です。利用者側からお願いして発行しないようにすることはできません。ですから先に挙げた銀行振込を利用した場合も明細が発行されます。バレたくない場合はその場で発行してもらえるATMの方が適しているわけです。またコンビニなどに設置してあるATMも提携されていて日本中どこでも利用できるますし、何より銀行と違って土日祝日でも利用できます。単純に便利なのでATMでの取引を中心に考えた方がよいでしょう。

 

返済をしっかり行う

基本中の基本ですが、返済は必ず行うようにしましょう。滞納したまま放置してしまうと督促のハガキが届いたり電話があったりとバレる要因が沢山あります。しっかり返済日に支払を行っていればこうした問題は発生しません。大抵の場合は滞納していると督促のハガキが届きます。ハガキにはわかりやすく督促の旨が書いてあったり、提携している弁護士法人の名前が載っていたりとバレる要素が満載です。

 

計画的に返済を行って早めに借金をなくす事がバレないキャッシング利用には不可欠です。また、本来であればキャッシング利用をしなくてはならない状況自体が避けたいものです。どうしてもバレたくないという気持ちは分かりますが、正直に話して家族で協力してやりくりしていくのが一番良い解決方法なのかもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


43.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日